2013年05月07日

《任天堂》と書かれたポロシャツを着たカーネルサンダース

 街中で背中に《任天堂》と書かれたポロシャツを着たカーネルサンダースを見かけました。 「カーネルサンダースが、どうして、《任天堂》の宣伝をしているのか?」と思って、よく見るとポロシャツの前には《京セラ》、胸には《Wacoal》と書かれていて、サッカーの《京都パープルサンガ》の応援のポロシャツを着ているみたいでした。 京都に、この格好をしたカーネルサンダースが、どのくらいいるのか知りませんが、今回、撮影した場所は、あえて、明記しない事にします。



posted by ウォッチマン at 07:17| Comment(0) | ちょっと面白い風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月20日

ベランダにお祭の行列の人形が飾られているビル(左官技能専修学院)

 ベランダにお祭の行列の人形が飾られているビルがありました。 遠くから見たり、通り過ぎるだけだと、「あれは何?」という感じですが、よく見ると2階3階4階のベランダにお祭の行列の人形が飾られていました。 そして、横に【左官技能専修学院】という看板が掛けられていました。 今回、撮影した所は五条大宮を少し下がった東側のこの辺です。




posted by ウォッチマン at 07:53| Comment(0) | ちょっと面白い風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月16日

普通の民家の玄関に仁王さん?

 普通の民家の玄関の両側に仁王さんが立っていました。 さらに手水鉢らしい石の瓶も置いてあります。 何かのお店かと思ったのですが、お店らしい看板が見当たりませんでした。 もしかしたら、以前は何かのお店だったのかも知れません。 今回、撮影した所は四条大宮通りを少し上って東側のこの辺です。




posted by ウォッチマン at 07:50| Comment(0) | ちょっと面白い風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月22日

ホテルの客室の扉の前に囲い(【立入禁止】の札のかかったホテルの一室のその後)

【立入禁止】のホテルの一室

 以前、『【立入禁止】の札のかかったホテルの一室』について紹介しましたが、その後、その部屋の前に囲いができました。
 ただ単に「使わない部屋」なら鍵をかけておくだけで良いのに、わざわざ、【立入禁止】の札をかけられ、ドアノブにカバーが被せられていたのも不思議です。
 しかし、今度は、さらにその扉の前に囲いが作られていました。 この様に扉の前に囲いを作ったのには「どの様な意図」「どの様な経緯」があるのでしょう。 色々と推理してみるのも面白いかも知れません。
 半年くらい前から現在(H22.12.22)も、あるホテルの客室の1部屋の扉の前に、この様な囲いが付けられているのは事実です。

その後、ホテルの客室の前には囲いが出来ていました

posted by ウォッチマン at 20:15| Comment(0) | ちょっと面白い風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月18日

心霊スポット?(人の顔に見えないですか?)

これは左を向いた横顔

 この写真、人の顔に見えないですか? これは根が崖に露出して腐って行く途中の状態です。簡単に触る事が出来るし、変形させる事も出来るので、場所は明らかにしない事にします。
 ヒントとしては崖の向こう側は神社で鬼門封じと関係のある神社です。この人の顔に見える木の根は「鬼門封じ」の役目をしているのか、それとも「鬼」が忍び寄っているのでしょう? この人の顔が向いている方向は京都御所の猿が辻の猿と同様、東の方を向いています。

これは右を向いた顔

左目が腫れているように見えます

posted by ウォッチマン at 23:54| Comment(0) | ちょっと面白い風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月13日

【立入禁止】の札のかかったホテルの一室

 ホテルの一室のドアノブにカバーが被せられて【立入禁止】の札がかかっていました。 この部屋には、どんな曰くがあるのでしょう。 ただ単に「使わない部屋」なら鍵をかけておくだけで良いのに、どうして、わざわざ、【立入禁止】の札をかけたのでしょう。 秋の夜長に色々と推理してみるのも面白いかも知れません。


posted by ウォッチマン at 21:35| Comment(0) | ちょっと面白い風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月19日

超エコハウス

 家の南側に「葉の繁る植物」を植えると、葉っぱからの気化熱により、建物が涼しくなると言います。 街中で写真のような「葉っぱに埋もれた超エコハウス」を見かけました。 超エコハウスの場所はこの辺です。

超エコハウス

posted by ウォッチマン at 16:49| Comment(0) | ちょっと面白い風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月11日

不思議な道具屋?(探偵ナイトスクープでも紹介)

CIMG1354.jpg

CIMG1353.jpg
ABC朝日放送「探偵ナイトスクープ」でも紹介された事のある不思議な道具屋?です。 「道具」という看板はかかっていますが、商売をしている様子はありません。 2階のベランダの所に「馬車の車輪」「鉄兜」「埴輪」「古時計」「ホーローの看板」などが陳列されていますが売れるような物なく、何年もの間、品物が増えたり減ったりした様子もないです。 (「大村崑のオロナミンCのホーローの看板」などは珍しくなってきたのでマニアが高く買うかも知れません)

以前は1階の屋外にも古道具が陳列されていましたが、数年前に改装されて今のような形になりましたが、商売をしているようにも、また、人が住んでいるようにも見えないです。 お店の場所はこの辺です。


posted by ウォッチマン at 03:54| Comment(0) | ちょっと面白い風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月06日

不思議なお弁当屋

お弁当屋といえば大きな通りに面した場所によく店がありますが「ウェスティン都ホテル京都」の三条通りを挟んで北側に左下のような立て看板があり、店は表通りから少し入った所にありました。 店の場所はこの辺で、三条通りから少し入った場所にありますが一方通行になっており車は逆方向からでないと入れません。

右下の写真を見てもらえばわかる通り、まわりは民家で「ウェスティン都ホテル京都」の宿泊客が、ここでお弁当は買うとは思えないですし、「あずきや」の宿泊客は利用するかも知れませんが、そんなに需要があるのか、ちょっと不思議です。 値段的には400〜600円程度で、値段的には平均的かなという感じでした。

CIMG1094.jpg

CIMG1091.jpg

posted by ウォッチマン at 01:23| Comment(0) | ちょっと面白い風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月02日

鳥居の先はどうなっているの?(錦天満宮)

この写真を見て鳥居の先はどうなっていると思いますか? 

「目の錯覚」「騙し絵」「合成写真」とかではなく、鳥居の先がビルの中に入っています。建物の所で鳥居が切り取られている訳ではありません。

鳥居は昭和10年に建てられたもので、その後、建物を建てる時に敷地いっぱいに建てた為、鳥居の端をビルに収納する形で建物が建てられました。

この鳥居がある錦天満宮の場所は「京都の台所」として有名な「錦市場」のある錦小路通と新京極通がT字路の形で交差した所にあり、錦小路通の突き当たりが錦天満宮になっています。

錦天満宮の境内は京都の神社としては少し派手ですが普通の神社です。

ここの手水舎(てみずや/ちょうずや=手を洗う所)の水は名水として知られており、写真右手にもペットボトルに水を入れている人が写っていますが、ここの水を汲みにくる人も多いです。

この鳥居はテレビ朝日系の「珍衝撃映像バラエティナニコレ珍百景」でも「食い込んだ縁起もの」として紹介された事があるそうです。

鳥居は錦小路通の新京極通と寺町通の間にあり、場所はこの辺にあります。

CIMG0010.jpg
CIMG0021.jpg
CIMG0013.jpg
CIMG0014.jpg

posted by ウォッチマン at 19:15| Comment(0) | ちょっと面白い風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。